• Home
  • /
  • パチスロのリスク

パチスロのリスク

リスト の パチスロのリスト

歴史と概要

パチスロはもともとスロットマシンをパチンコ台の空間に入るように製造されたゲームです。よってパチスロができた当初からパチンコを設置しているお店の一角にパチスロのコーナーが設けられていました。プレイする時に使用するメダルは1枚20円以下と定められており、商品との交換方法も非常にパチンコと同じ三店方式を用いています。パチンコと大きく違う点は、出玉を左右しやすいところにあります。
パチスロの原型であるスロットマシンは1899年にアメリカで誕生しました。3つのリールが回転し、絵柄が揃うとコインが払い出されるという基本ルールがこの時にできました。絵柄にはベルやトランプ柄が用いられ、今よく見るフルーツ柄はありませんでした。しかし、アメリカでもスロットマシンはギャンブル機とレッテルが貼られることが多く、アメリカのミルズ社がガム自動販売機と主張することにより、絵柄もフルーツ柄が鳥居られるようになったのです。現在みるパチスロ機の絵柄はこの頃から受け継がれたものであり、伝統を守り続けています。今見るパチスロのメインはリールであり、液晶画面もさほど変わらず歴史を繰り返しています。打ち手で同じ絵柄にするとコインが増える仕組みは今なお続いており人々を魅了しています。

 

遊び方

パチスロの遊び方はいたって簡単です。メダルを台に入れてレバーを叩き、ストップボタンを留めるだけです。当然これだけではメダルは減る一方で勝てません。しかし、スロットには訳があり、この役に当選することによりメダルが増えます。役の中でもメダルが大当たりするのはビッグボーナスです。現在みるスロットは昔よりも複雑なものも多いですが、基本ルールはすべて一緒でメダルをより多く増やすことがパチスロの目的といえるでしょう。パチンコ屋さんに行くとわかりますが、パチスロ台にしても様々な種類があります。パチスロ台の種類のことを「機種」と呼びます。機種の特徴やペイアウト率を知っておくことはポチスロで勝つには重要なポイントとなります。

パチスロ用語

ストック

通常の機種はボーナスを引くとその場で当たりますが、ストック機の場合、当たりを引いたら一旦機械の中に保存をします。ボーナスが幾つか保存されている状態で、機械の決められたゲームの数や条件に達するとまとめて全て出てくる仕組みです。

連チャン

通常連チャンとは麻雀用語ですが、パチンコやパチスロでは大当たりが短いプレイ数で続くことを意味します。パチスロでは、50プレイ以内やクレジット(50枚)に次の大当たりを引くことを連チャンと呼びます。過去のストック機では大当たり直後の1プレイ目で大当たりになることを「1ゲーム連チャン」と呼びます。

パチスロ台の機種

機種は通常ART機とノーマルAタイプがあります。この2つを覚えておけば特に問題はありません。

ノーマルタイプ

ノーマルのタイプの機種はボーナスを中心に出てくる玉を増やすタイプです。最近のものでいうと「アイムジャグラーシリーズ」や「新世紀エヴァンゲリオンシリーズ」などがあります。出玉がボーナス中心であるので、ボーナスの出玉はARTの機種よりも多いのが特徴です。大きな違いといえば、ARTの機種よりもボーナス中心であるため、ボーナスの出玉が多いです。また面倒な打ち方がないため、高齢者の方にも人気です。これらがノーマルの特徴です。

ART機種

AT とRTを合わせたもので、ARTに当選すると、AT同様で、小役の通知がきます。またリプレイが揃う確率も大きくアップし、ART中はメダルがどんどん増えていきます。ボーナスとARTで出る玉を増やしていくタイプのもので、通常時よりもリプレイが揃う確率が大きくアップした状態であるRT(リプレイタイム)に、ナビしてくれるATが加わったものです。このタイプはART
とボーナスが絡んで初めて大きな出玉になる機種が多いため、ボーナスが引けてもARTに入らなければ出玉がなかなか増えないものも多いのが現状です。

初心者にお勧めの機種はノーマルAタイプですが、下記にそれぞれの特徴を簡単に記載して説明します。

Aタイプ

大当たり役がビッグとレギュラーだけのシンプルな機種。A-400と言う台が主流で400の部分はビックを引いた時の大体の獲得枚数を表します。

Bタイプ

Aタイプのビッグボーナスは小役ゲームとボーナスゲーム三回がセットになりますが、Bタイプでは、ボーナスゲームは2回、または1回のものになります。現状ではあまり見かけないタイプになります。

RT

RTに当選するとプレイが揃う確率が大きくアップし、コインを減らさずスロットを楽しむことができます。

AT

ATに当選すると、普段取りこぼす小役をおしらせしてくれます。それによりコインが増えていくという仕組みです。

ストック機,/h3>

ストック機以外の機種は、ボーナスに当選した時に、即ボーナス発動になりますが、ストック機の場合、当選しても内部的に貯めることが可能です。

パチスロメーカー

・三共

・KPE (コナミグループのパチンコ・パチスロ機器製造会社。)

・UNIVERSAL

・SEGA 北斗の拳のパチスロの機種を製造。

・三洋物産

・平和

・北電子

・PAM